メニュー

おおいた暮らし

  • 相談窓口
  • 会員登録
  • 移住者紹介
  • 空き家情報
トップページ > 新着情報 > 【臼杵市】ゲストハウスに関する企画を行う地域おこし協力隊を募集します!!

【臼杵市】ゲストハウスに関する企画を行う地域おこし協力隊を募集します!!

臼杵市では、「ゲストハウス企画担当」の地域おこし協力隊員を募集しています。

○主な業務の内容
・ゲストハウスの運営推進
・地域交流プログラム作りとモニターツアーの開催
・交流・滞在促進事業の運営の仕組検討

○募集人数 1名

○募集期間 平成29年8月28日(月)まで

○臼杵市からのコメント
  臼杵市は、大分県の東南部に位置し、豊後水道に面する温暖なまちです。平成17年1月に1市1町(臼杵市、野津町)が合併して新臼杵市となりました。現在の人口は約4万人です。国宝「臼杵石仏」や城下町の町並みなど歴史文化遺産も多く、海の幸、山の幸に恵まれた自然豊かな地域です。海に面する臼杵地域は漁業や醸造業(味噌・醤油)、造船業が主産業で、内陸部の野津地域は大分の食糧庫と呼ばれるほど農業が盛んです。
近年、二王座を中心とする城下町において、古民家などの風情ある空き家が目立ってきています。これらの空き家をゲストハウスとして活用することや、臼杵らしい地域資源(食、文化、自然、産業など)を活かした地域交流プログラムを開発することへのアイデアやノウハウ、能力を持った人材を地域おこし協力隊として採用し、臼杵の城下町でその力を存分に発揮してもらい、従来の“見て帰る観光”を脱却したいと考えています。

 

詳細は臼杵市のホームページをご覧ください
 臼杵市:「城下町でゲストハウス企画担当」地域おこし協力隊員を募集します

 地域おこし協力隊 募集チラシ
 地域おこし協力隊 募集要項
 地域おこし協力隊 応募用紙
 臼杵市レポート用紙