宝島社「田舎暮らしの本」住みたい田舎ベストランキングに大分県の市が多数ランクイン!!

「2021年版住みたい田舎ランキング」で今年も多くの大分県自治体がランクインしました!

住みたい田舎暮らしを紹介する月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)による「2021年版住みたい田舎ベストランキングが発表されました。
都道府県ランキングでは4年連続トップ10入りとなる8位にランクインし、小さな市の総合部門でも1位から5位を県内市が占めるなど各部門で県内自治体がランクアップを果たしています。

2021年版移住したい都道府県ランキング   

大分県:8位                 

 

2021年版住みたい田舎ベストランキング   

小さな市部門(人口10万人未満/269自治体) 

総合部門1位 豊後高田市(3年連続1位) ☆全部門1位☆  

若者世代が住みたい部門  1位
子育て世代が住みたい部門 1位
シニア世代が住みたい部門 1位

 

総合部門2位 日田市

若者世代が住みたい部門  14位
子育て世代が住みたい部門 16位
シニア世代が住みたい部門 7位

 

総合部門3位 臼杵市

若者世代が住みたい部門  4位
子育て世代が住みたい部門 6位
シニア世代が住みたい部門 2位

 

総合部門4位 国東市

若者世代が住みたい部門  5位
子育て世代が住みたい部門 4位
シニア世代が住みたい部門 3位

 

総合部門5位 宇佐市

若者世代が住みたい部門  3位
子育て世代が住みたい部門 2位
シニア世代が住みたい部門 5位

 

総合部門43位 中津市

シニア世代が住みたい田舎部門 32位

 

大きな市部門 (人口10万人以上/87自治体)     

総合部門10位 大分市

若者世代が住みたい部門  2位
子育て世代が住みたい部門 7位
シニア世代が住みたい部門 8位

 

町部門   (240自治体)                

総合部門33位 玖珠町

子育て世代が住みたい部門 16位
シニア世代が住みたい部門 27位

※ランキングについては、宝島社が全国の市町村を対象に実施した独自のアンケートにより決定されたものです。