メニュー

おおいた暮らし

  • 相談窓口
  • 会員登録
  • 移住者紹介
  • 空き家情報
トップページ > 地域おこし協力隊 > 山岡 奈々子(やまおか ななこ)
氏名活動地域活動拠点任期前住所
山岡 奈々子臼杵市 臼杵市H27~ 大阪府
隊員に応募したきっかけ
自分が生まれた国の文化や歴史、伝統、自然に関われる生き方がしたい、そして若いうちに経験として、自分が生まれ育った土地を離れてみようと考えていた時に偶然、臼杵市の地域おこし協力隊の応募を知りました。
隊員になって良かったこと
活動を通して、沢山の人々と出会い関われることに、日々刺激を受けています。人の数だけ様々な考え方や生き方があると知ることができて、人として濃い時間を過ごしています。
日々の活動内容
◇専門の担当教員のいない、小規模中学校の美術授業サポート
◇臼杵焼きプロジェクト(途絶えた文化の再生に関すること)
◇地域コミュニティ組織の地域づくり活動の支援
◇毎月開催される朝一のイベント企画、運営サポート
◇デザイン業務(手描きイラスト、キャラクター制作、ロゴマーク、 パッケージ等など)
活動を通じて感じていること
あらゆる市町村で様々な課題や問題を抱えています。生き方が多様化しつつある時代で、地域おこし協力隊という外部からの存在が来ることで、少しずつでも何かが変化していると感じてます。地域で生きていく為に、自分が何をなすべきなのか迷い、悩みながらも、周囲の人々に支えられながら日々、一生懸命活動しています。
活動地域で暮らしてみた感想
住み慣れた町と家族から離れた、新たな暮らしは当初は不安がいっぱいでしたが、いろんな方々の気遣いのおかげで、生活が成り立っており、感謝しています。
任期終了後、活動地域で定住する予定とその理由
まだ確定はしていませんが、現在の活動場所での起業や生活費を稼ぐ手段を模索しています。
協力隊の設置を検討している市町村に対して、アドバイスや思うことを記載
地域おこし協力隊は日本全国の様々な地域で募集している為、複数の地域に応募する人もいて、人によって仕事や活動内容に対する考え方は全く異なります。
また、その土地や地域のことを詳しく知らないまま、応募する場合がほとんどだと思いますので、受け入れる側のビジョンや方向性、地域の魅力を示して頂ければ、お互いにイメージの相違がないと思います。 

活動写真

活動写真01 活動写真02 活動写真03