メニュー

おおいた暮らし

  • 相談窓口
  • 会員登録
  • 移住者紹介
  • 空き家情報
トップページ > 地域おこし協力隊 > 佐藤 光 (さとう ひかる)
氏名活動地域活動拠点任期前住所
佐藤 光 豊後高田市 アグリチャレンジスクールH26~ 千葉県
隊員に応募したきっかけ
農業分野への転職を考えていたので、農業分野で協力隊を募集しているところを探していました。豊後高田市を選んだ理由は、もともと穏やかな瀬戸内式気候の地域に定住したいという思いがあったのと、昭和の町や田染荘など昔の日本の風景を生かしたまちづくりをしている点に惹かれたからです。
隊員になって良かったこと
自分とは違う経験をしてきた他の協力隊の方と知り合えた事。
これまでの経歴や今行っている活動の話は自分にとっていい刺激になります。
日々の活動内容
・市が運営しているアグリチャレンジスクールの作業補助、圃場の管理
※農業を始めたい人向けに講義と実習を行っています(野菜・花卉と果樹がある)
・上記スクールで栽培した作物の直売所への出荷
・新規就農者の作業補助
活動を通じて感じていること
市の職員の方と市民の方々との仲がいいというか、お互い変にかしこまったりせず気さくに話しているのが印象的です。
活動地域で暮らしてみた感想
海あり山ありで気持ちがよく、自分の中にある原風景に近い感じがします。
温泉や観光地も豊富にあるので、車を購入したらいろいろと見て回りたいと思います。
任期終了後、活動地域で定住する予定とその理由
(ある)元々定住するつもりで応募しています。
協力隊の設置を検討している市町村に対して、アドバイスや思うことを記載
田舎暮らしをしたいと考えている人は多いと思います。
個人的には田舎に転居する上で一番の障害となるのが雇用だと思います。
単に臨時の労働力としてではなく、任期終了後の就職・定住に繋がるような活動内容にすれば希望者が応募しやすいのではないでしょうか。

活動写真

活動写真01 活動写真02 活動写真03