メニュー

おおいた暮らし

  • 相談窓口
  • 会員登録
  • 移住者紹介
  • 空き家情報
トップページ > 地域おこし協力隊 > 吉田 智美(よしだ ともみ)
氏名活動地域活動拠点任期前住所
吉田 智美宇佐市 観光まちづくり課H27~ 北九州市
隊員に応募したきっかけ
前職は内装(クロス屋)の職人をしていました。元々、人と接する事が好きで、田舎で地域の人と触れ合いながら活動する地域おこし協力隊に惹かれて志望しました。
隊員になって良かったこと
自然が美しく、毎日同じ景色でも違った表情を見せてくれます。晴れた日の夜に、星がとてもきれいで感動しました。
日々の活動内容
過疎の進む地域(小学校区ごと)に行政によって定められた、まちづくり等協議会の支援など。まちづくり等協議会の活動支援(イベント補助・サロン補助・看板や広告の作成・会議への参加 等) 商工会観光開発事業の一員。
ブログ・Twitter・Facebookによる地域情報の拡散。 空家登録物件の調査同行。
移住者や地域で活躍・活動されている方へのインタビューとHPへの掲載。
活動を通じて感じていること
地域おこし協力隊です!と地域の高齢者の方に自己紹介しても・・・?・・・となる方が多いので、地域の方々の様々な活動に参加して、具体的な活動をすることで協力隊を理解して頂き、共に楽しみながら形になるものを作り上げていきたいです。
活動地域で暮らしてみた感想
朝は、鳥の声で起こしてもらい、夜は、とても静かで、生活のリズムが心地良いサイクルでまわっている。地域の方に、野菜など分けて頂くことも多く、おいしく頂いています。
任期終了後、活動地域で定住する予定とその理由
今の所(未定)
協力隊の設置を検討している市町村に対して、アドバイスや思うことを記載
大分県内で協力隊制度を取り入れている所は多いので、各市町村で協力隊同志の交流の場や共に意見を交換しあえる場が持てればよいと思います。また、視察なども積極的にできたら良いと思います。

活動写真

活動写真01