メニュー

おおいた暮らし

  • 相談窓口
  • 会員登録
  • 移住者紹介
  • 空き家情報
トップページ > 地域おこし協力隊 > 倉住 紀子(くらずみ のりこ)
氏名活動地域活動拠点任期前住所
倉住 紀子宇佐市 観光まちづくり課H27.6~ 福岡県
隊員に応募したきっかけ
15年洋菓子店・レストランで働き、地産池消・安心安全な食材に深く興味を持ち、生産の現場から関わりたい、そして、将来的に畑の見える自然の多い中で商売をしたいとおもっていました。地域おこし協力隊の募集を知り、お仕事をしながら地域に触れることができ畑作業も始めることができると、自分の考えに繋がるものが多く、即応募しました。
隊員になって良かったこと
街中に住んでいると、なかなかできない田植えや畑仕事を体験することができます。昔から伝わるもの、歴史的なものなど素晴らしいものが多くあることを知ることができました。
日々の活動内容
小学校区ごとに設立されたまちづくり協議会の、地域を盛り上げる為の活動のサポート(イベント補助、事務作業補助など)/ ブログによる地域の紹介 /空き家調査に同行
活動を通じて感じていること
まちづくり協議会の方々をはじめ、地域の方々は、人を集め、地域を活性化させるため、驚くほど多くの活動や、おもしろいイベントを開催されています。その土地に長くいると日常になり気付かない価値も、都会に住む者にとってはとても高い価値となることは、多くあります。そこを、うまく活かせる接着剤となりたいと思いました。
活動地域で暮らしてみた感想
地域の方々は、とても暖かく迎えいれてくださります。お野菜などたくさんいただくこともあり、穏やかな空気の中過ごすことができます。
任期終了後、活動地域で定住する予定とその理由
あります。風景・環境も気に入っており、特産品を活かした商売をしたいと考えています
協力隊の設置を検討している市町村に対して、アドバイスや思うことを記載
中にいると、良い点にも悪い点にも鈍くなってしまうことも多いかと思います。その中に外部から入る新たな視点は、地域の活性化の大きな力になるのではないでしょうか。

活動写真

活動写真01 活動写真02