小藩分立県大分

 九州9ヵ国中6ヵ国の守護であった大友宗麟も南から攻め上る薩摩の島津に抗し切れず豊臣秀吉の九州平定で辛うじて救われ、宗麟の跡を継いでいた義統(よしむね)は豊後一国のみを安堵された。しかしその義統も朝鮮出兵において最前線平壌で苦戦する小西行長を救援せよとの命令を守らなかったとして豊後を没収された。その豊後は細分化され、秀吉側近の家臣に与えられた。関が原の戦いの後も細分化状態は続いた。お隣の熊本県は熊本藩(54万石)と人吉藩(2.2万石)の2藩から形成されたが、大分県全域の石高は熊本藩1藩よりやや少なかった。それが下の地図のように8藩7領に分かれていた。幕末の状態でいえば、奥平氏の中津藩(豊前 10万石)、松平(能見(のみ))氏の杵築藩(3.2万石)、木下氏の日出(ひじ) 藩(2.5万石)、松平氏(大給(おぎゅう))の府内藩(2.2万石)、稲葉氏の臼杵藩(5万石)、毛利氏の佐伯藩(2万石)、中川氏の岡藩(6.6万石)、久留島氏の森藩(1.25万石)、更に島原藩の飛地(「飛知」とも書く 2.75万石)、熊本藩の飛地(2万石)、延岡藩の飛地(2万石)、旗本の時枝氏領(5千石)、旗本の立石氏領(5千石)、宇佐神宮領(1千石)、天領(正式には「御料所」と呼ばれた幕府直轄地 10.4万石)の15の領地に分かれていた。

画像をクリックすると図が大きくなります。

出典 「大分学・大分楽」 辻野功 日本文理大学「大分学」講座・編

 幕藩体制時代、藩が違うということは現在でいえば国が違うということである。その上トンネルの数が日本一多い。従って大分県はまとまることが難しい。しかし「まとまりの悪さは天下一品」という筑紫哲也氏の言葉は、大分県出身者の自虐的表現であって、長野県を始めとして大分県以上にまとまりの悪い県はいくらでもある。それはともかくまとまりの悪さをプラスに働かせて、大分は偉大なものを生み出してきた。それを次回から紹介したいと思っている。’