林業の情報ページ

就業までの流れ

  1. STEP1

    まずは相談
    まずは全国主要都市で開催される「森林の仕事ガイダンス・合同説明会」やお近くの林業労働力確保支援センター(大分県:公益財団法人 森林(もり)ネットおおいた)に御相談ください。
    仕事内容に詳しいアドバイザーがお答えします。
    「森林の仕事ガイダンス・合同説明会」では各地域の林業就業に関する情報や「緑の雇用担い手対策事業」の実施に関する情報を提供していますので、希望地域のブースや研修生のブースにお気軽に御相談ください。
  2. STEP2

    採用
    ガイダンスで相談したり、ホームページで情報を収集し、森林で働くことに決めたら森林組合や林業会社などの事業体に就職します。
    「緑の研修生」になるためにはハローワークや林業労働力確保支援センター、学校などの公的機関を通じて就職することが必要です。
    就職先を探す場合にはハローワークの求人情報、林業労働力確保支援センターの委託募集情報、都道府県や市町村が行っているUIJターンフェアなど希望地域の就業情報を収集し、林業事業体の求人をこまめにチェックしておきましょう。新しい森林の担い手になる道をまず開いていくことから始まります。
  3. STEP3

    研修
    就業する事業体が決まり、その事業体が「緑の雇用担い手対策事業」の助成を受けて研修を実施することとなったら、「緑の研修生」として研修を受講し、多様な技術・技能を身に付け森林の保全と整備作業のプロフェッショナルを目指していきます。
  4. STEP4

    地域に密着
    研修修了者は、地域に密着して本格的に森林の担い手として活躍することになります。
    健全な森林を育てると同時に地球温暖化を防ぎ、山村を元気にする仕事です。

研修・支援制度

只今準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

統計情報

林業新規就業者の推移

平成27年の林業就業者は1,743人と平成22年度の1,866人から7%減少しました。
さらに、現場従事者1,367人に占める60歳以上の比率も増加しており、新たな就業者の確保が喫緊の課題となっています。

このため、国の「緑の雇用」制度の活用や「おおいた林業アカデミー」の開講、都市圏での就業相談会への参加などに積極的に取り組んでいます。
近年、新規就業者は増加傾向にあり、30歳未満の若年層の比率も上昇しています。

緑の雇用 一般就業
平成22年度 34 35
平成24年度 22 46
平成25年度 13 54
平成26年度 25 65
平成27年度 22 59
平成28年度 34 49
平成29年度 34 60

しいたけ生産者数(戸)の推移

乾しいたけ 生しいたけ
平成7年 6802 657
平成12年 4907 511
平成17年 4200 364
平成22年 4217 321
平成24年 4221 274
平成25年 4205 263
平成26年 4174 246
平成27年 4045 246
平成28年 4015 218
平成29年 3964 208

おおいたの農林水産業

お問合せ なんでもお気軽にお問合せください

大分県農林水産部
新規就業・経営体支援課 就業促進班
〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号
097-506-3584
受付時間 9 : 00 ~ 17 : 00 メールでのお問合せはこちら