メニュー

おおいた暮らし

  • 相談窓口
  • 会員登録
  • 移住者紹介
  • 空き家情報
トップページ > 大分県について知る > 日出町
市町村の位置

大分県について知る

県土の7割を森林が占め、草原や盆地、渓谷など変化に富んだ内陸部と別府湾を堺に
北部沿岸は遠浅な砂浜、南部はリアス式海岸が続いています。

温泉は源泉数・湧出量共に日本一で、放射能泉を除く全ての泉質があります。

日出町Hiji

日出町は、大分県の中北部に位置しており、南は別府湾に面した国東半島の入り口の町です。北西部に緑豊かな鹿鳴越連山、経塚山のミヤマキリシマ自生地、南東部に広がる丘陵地帯の落ち着いた田園風景、延長約25kmにわたる美しい海岸線、風光明媚な別府湾の眺望など、豊かな自然環境を有しています。本町は瀬戸内海型気候区に含まれ、年平均気温は16.0℃と温暖であり、年間平均雨量は1,700mm前後となっています。また、台風などの災害は比較的少ないところです。また、町内には湧水が多く、飲料水もほとんど良質な地下水で賄っています。本町は、古くから人が住み、全国的に有名な早水台遺跡など、旧石器・縄文時代の遺跡が残っています。江戸時代慶長6年(1601年)に豊臣秀吉の妻ねねの甥にあたる木下延俊が3万石に封じられ、この地に日出城(暘谷城)を築きました。江戸時代の末期には、脇蘭室、帆足萬里などの碩学を生み、学問が盛んでした。日出の海と大地がもたらした特産品としては、「城下かれい」や「豊後別府湾ちりめん」などの海の幸、暖かい日差しとつくり手の丹精がこめられた「紅八朔」や「ハウスみかん」、「白イボキュウリ」などの大地の恵みなど、どれも本町ならではの逸品です。日本で初めての麦こうじからつくられた「大分むぎ焼酎二階堂」、城下かれいにちなんだ「かれい最中」「かれい浪漫」「かれい味噌」など、自然の恵み豊かな地だからこその品々が創出されています。日出町は、合併せずに独自でのまちづくりを行うことを選択しました。これは、合併によるスケールメリットよりも、「町民一人ひとりの顔を見てその声を聞きながら町政を進めていく」という考えに基づくものです。第5次総合計画で平成28年度(2016年度)に町が目指すべき将来像を「住むことに喜びを感じるまち~安心して暮らせて活力が実感できるまちづくり~」と定めています。すべての町民と手を取り合って、「子育ては日出町、住むなら日出町、老後も日出町」と言われるよう、安心のまちづくりと活力あるまちづくりを進めていきます。あなたも、こんな日出町で暮らしてみたいと思いませんか。

  • 風景写真01
  • 風景写真02
  • 風景写真03
平均気温年 16.0℃  春 17.9℃  夏 25.8℃  秋 13.2℃  冬 6.9℃
自然条件(降水量・積雪等)温暖な気候であり積雪は少ない
  • 医療制度
  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 空き家情報
  • 定住支援制度

■UJIターン相談窓口

窓口区分担当課・係電話番号お問い合わせ窓口
総合政策推進課 地域振興係0977-73-3116https://www.town.hiji.lg.jp/contacts/

■日出町の風景

風景写真 風景写真