メニュー

おおいた暮らし

  • 相談窓口
  • 会員登録
  • 移住者紹介
  • 空き家情報
トップページ > 大分県について知る > 国東市
市町村の位置

大分県について知る

県土の7割を森林が占め、草原や盆地、渓谷など変化に富んだ内陸部と別府湾を堺に
北部沿岸は遠浅な砂浜、南部はリアス式海岸が続いています。

温泉は源泉数・湧出量共に日本一で、放射能泉を除く全ての泉質があります。

国東市Kunisaki City

【地域の特徴】国東市(H27国勢調査人口:28,647人、面積:317.84k㎡)は、大分県の国東半島の概ね東半分を占める地域で、雨の少ない温暖な気候や、四季折々に様々な表情を見せる山岳地域は瀬戸内海国立公園に指定されるなど、豊かな自然を有しています。また、神仏習合の文化が栄え、地域の至るところに寺院や神社が点在していることから、国東市は、「仏(ほとけ)の里くにさき」と呼ばれ、近年では「癒しやスローライフ」を求める移住希望者の注目を集めています。

【交通アクセス】国東市は大分空港(国東市安岐町下原)を有していることから、「大分県の空の玄関口」と言われています。東京(羽田)、大阪(伊丹)、名古屋(中部)、国際線では韓国ソウルに定期便が就航、平成25年3月からはLCC(格安航空会社)も就航(大分⇔成田便)するなど、金銭的にも関東圏への空路アクセスが充実してきました。なお、市内の公共交通機関は路線バスが中心ですが、路線バスの無い小集落へは市のコミュ二ティバスが就航し、地域の暮らしを支えています。

【食文化】豊かな自然に恵まれた国東市は、「海の幸・山の幸」が豊富!
伊予灘沖で獲れる特産品の太刀魚(銀たち)や姫だこ、わかめ、また原木栽培で収穫する風味豊かな椎茸に加え、最近では雨の少ない温暖な気候を利用して収穫されたオリーブや、生食用殻付カキのくにさきオイスターも「国東の食」として注目されています。

  • 風景写真01
  • 風景写真02
  • 風景写真03
平均気温年 16.3℃  春 14.2℃  夏 25.0℃  秋 18.5℃  冬 7.4℃
自然条件(降水量・積雪等)1385mm(雨) 1cm(雪)
  • 医療制度
  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 空き家情報
  • 定住支援制度

■UJIターン相談窓口

窓口区分担当課・係電話番号お問い合わせ窓口
総合活力創生課 地域支援係0978-72-5175https://www.city.kunisaki.oita.jp/form/detail.php?sec_sec1=25&check

■国東市の風景

風景写真 風景写真